美容液で乾燥肌対策│保湿で肌悩みをカバーしよう

女性

乾燥しない肌になる

スキンケア

洗顔料と洗顔方方の見直し

スキンケアの中でも、一番肌に負担がかかるのが洗顔です。肌のバリア機能が低下している乾燥肌は、洗顔で潤い成分が流れ出してしまう場合があるため、さらに乾燥が進んでしまうこともあります。そのため、バリア機能へのダメージを最小限に抑えるためにも、肌に負担のない洗顔料選びと洗顔方法が乾燥肌対策には重要です。合成界面活性剤が含まれている洗顔料は皮脂などを取りすぎてしまいますから、無添加タイプの洗顔石鹸がおすすめです。適度に潤いを残しながら汚れは落としてくれますから、乾燥対策には有効です。また、洗顔の基本は泡立てにあり、ホイップクリームのような弾力のある泡を作って丁寧に洗うようにしましょう。皮脂などが流れ出す温度は30度からですから、すすぎのお湯の温度にも注意しましょう。

ミルフィーユ保湿のすすめ

気温と湿度が低い冬は、乾燥肌の方にとっては過酷な季節です。高保湿な化粧品でのスキンケアが乾燥対策の基本となりますが、それでも肌が潤わない場合には、ミルフィーユ保湿を試してみましょう。ミルフィーユ保湿とは、乳液と化粧水を2、3回ほど塗り重ねる保湿方法のことです。乳液の上から化粧水を塗ると浸透力が妨げられるイメージがありますが、実は、乳液には角質を柔らかくする作用がありますから、化粧水の水分や保湿成分は浸透してくれます。水分と油分をたっぷりと補うことができて、これが逃げないように油膜をしっかりと張ることができますから、乾燥肌で表面が固くなっている状態でも、ふっくらとした潤い肌になれます。手軽な乾燥対策が行えますから、肌がかさつく冬にやってみましょう。