美容液で乾燥肌対策│保湿で肌悩みをカバーしよう

女性

メイク落とし用化粧品

化粧水

併用した使い方

肌の水分保持力1つで乾燥肌になりやすく、角質層のセラミドなどのバリア機能が低下することにより、天然保湿因子や皮脂膜にまで影響してしまい、益々乾燥した肌質に陥りやすくなります。デリケートな肌であるため、洗い流してしまうクレンジングには注意が必要で、メイク落とし用の化粧品選びに慎重になる必要性が挙げられます。メイク落としには、純石鹸やクレンジング剤が用いられるのが一般的で、中には拭き取りタイプも市販されています。肌への摩擦によって刺激が負担となりやすく、乾燥肌では避けるのが無難なケアですが、ミルクやジェルタイプは比較的デリケートな肌質用として提案されているテクスチャーでもあります。洗浄力が弱い難点があるものの、その場合にはポイントメイク用のクレンジング剤と併用した使い方で、肌負担なく、メイク落としが可能となります。

ステップケアが楽

メイク落とし用となる化粧品として、クレンジング剤がスキンケアのステップに必要とされ、化粧を施す女性から支持されています。様々な種類のクレンジング化粧品が展開されており、面倒なステップを踏みたくない女性からは、たっぷりのオイルがシートに含まれた拭き取りタイプが人気です。肌を擦ることなく、油分を浮かせてスルッと拭き取ることができるため、保湿性の高いオイル配合の拭き取りタイプは乾燥肌の女性にも利用されています。また、ウォータープルフなどの落ちにくいメイクも、洗浄力が強いながらも肌刺激を少なくしてくれるオイルタイプが人気を集めています。界面活性剤が配合されていないオイルは、デリケートな乾燥肌へも安心して利用ができ、毛穴の奥にまで入り込んで汚れを浮かせ、伸びが良いテクスチャーや水分を蒸発させない油膜を作ることからも人気となっています。